レーシックを受けた芸能人

プロサッカー選手の本田圭佑選手

プロサッカー選手の本田圭佑選手はレーシック手術を受けて、視力が0.4より2.0まで回復されています。世界でも活躍する選手で今後も期待されていますが、本人も視力低下によるパフォーマンス低下を実感していたとのことです。レーシック手術を受けたのは、新宿近視クリニックです。自ら広告塔にもなっており、若者やスポーツを行なう方にも注目された事でしょう。
本田選手が行なった手術は、世界で1500万眼以上の手術を行ったという実績がある、アイレーシックの最新バージョンです。アイデザインレーシックというもので、本人の見え方にもこだわったカスタマイズ性のある器具を試用しています。プロサッカー選手は遠くを見つけなければなりませんし、スピードにも眼が付いていかなければなりません。より本田選手の希望に近づける見え方を再現した手術となりました。
プロスポーツ選手はもちろんの事、一般の方でもスポーツを日常的に行なっている方は検討してみると良いでしょう。特に屋外でスポーツを行う場合は、砂ホコリが舞う環境もあり、コンタクトが使用できない場合もあると思います。サッカーは砂地のグラウンドという環境も多く、コンタクトの使用は難しいとも言われています。スポーツ用めがねもありますが、やはり視界が狭くなってしまうというデメリットがあるでしょう。