レーシックを受けた芸能人

タイガーウッズさんも受けた一人

海外の著名人の中で挙げるとすると、タイガーウッズさんもレーシック手術を受けています。プロゴルファーとして知られている方ですが、遠くを見ることが多く、小さなボールを見なければならないというスポーツでもあり、レーシックで成績を上げようとしたのでしょう。日常生活で多少視界が悪くてもそれ程影響はありませんが、プロのスポーツというシビアな世界で生きる方にとっては、ちょっとの視力アップでも成績に影響が出るのでしょう。実際に手術を受けた後には「以前より細かい芝目まで見えるようになった」と答えています。
彼はかなりの近視だったようで、コンタクトやめがねが無いとほとんど見えない状態だったのだとか。もちろんスポーツをする上で問題となってしまうため、コンタクトで視力を矯正していたようですが、コンタクトだと裸眼よりもやはり物の見え方が違うというデメリットがあったようです。小さなボールを見るスポーツでちょっとしたズレによって入ったり入らなかったりする競技です。遠くに飛ぶボールを長く見続ける事も難しかったのではないでしょうか。
手術後は「カップがバケツに見えた」というコメントも行なっており、それ程までに視力が回復した事がわかると思います。