レーシックを受けた芸能人

プロスポーツ選手が受けたレーシック

プロスポーツ選手の間でも、レーシック手術を受けた方は多数居ます。例えば、プロ野球選手の松坂大輔さんや、プロサッカー選手の本田圭佑さんなんかは有名です。本田圭佑さんはSBC新宿近視クリニックの広告塔にもなっているため、CMや広告などで見かけた方も居ると思います。スポーツ選手の中で割合が高い競技はプロ野球です。小さなボールを見るという特徴からも、視力がアップしたほうが成績に左右すると考えるからなのでしょう。プロゴルファーも遠くを見る事が多いため、手術されている方の割合が高いです。
遠くを見ることが多いスポーツ選手は目が悪くなりにくいという印象はありますが、残念ながら生活習慣や遺伝などの影響によって視力が低下してしまう事もあります。眼の良さはスポーツのパフォーマンスにも影響しますし、コンタクトやめがねだと視界が悪くなったり、怪我の心配もあり避けなければならない時もあるでしょう。そう言った理由からプロのスポーツ選手の間でもレーシック手術は広まっています。
スポーツ選手が行なう手術は通常のレーシックでも大丈夫な方も居ますが、激しくぶつかり合う競技や格闘家などは角膜の強度が得られる手術方法を選択しています。PRKやエピレーシック、ラゼックと呼ばれる方法は眼の強度が得られます。

関連情報